化粧品、健康食品のYOKUINING(ヨクイニング)の販売

YOKUINING ヨクイニング

card_giftcard送料無料5,000円以上のお買い上げで送料無料

call0120-117-086
schedule営業時間 - 10:00~17:00(定休日 - 土日祝)
石川県能美産のはとむぎ

本コラムでは、YOKUINING(ヨクイニング)ブランドに関することだけでなく、健康や漢方などにまつわる話も織り交ぜてご紹介しています。

 

6月になると、各地で本格的に梅雨入りします。

雨が苦手な方には、ちょっぴり憂うつな時季かもしれません。

集中豪雨や大雨が続くなど、災害につながるような降り方をすることもありますので、備えをして雨の季節を乗り切りましょう。

 

さて、夏の薬味のひとつ「みょうが」。

今はハウス栽培もされていますが、本来の旬は6月~10月とされています。

みょうがには「食べ過ぎると物忘れをする」という迷信がありますが、実はその反対で、みょうがに含まれる「α-ピネン」という成分は頭をすっきりさせてくれます。

体を温める働きも持っているので、冷房や冷たいものの飲食による夏の冷えにおすすめです。

 

【この時季の過ごし方:脾胃(ひい)※の弱りに気をつけて】

雨が続くと体が重だるく感じたり、胃腸の不調や頭痛が起こりやすくなったりします。

脾胃は湿(しつ)に弱く、脾胃の働きが低下すると気も不足し、めぐりが悪くなります。

食事はできるだけ温かく消化の良いものを食べましょう。

朝食はとくに体が温まるものがよいので、お粥や具だくさんのスープがおすすめです。

梅雨の間は身体の中に溜まった余分な水をだしやすくする陰陵泉(いんりょうせん)というツボを温めるのもおすすめです(ひざの内側、ひざ下のくぼみから指4本分下)。

浴槽につかりながら押すと、よりリラックスできます。

 

【季節の食養生】

そら豆:消化吸収力を高め、体の余分な水分を除きます。さやごと蒸し焼きにするとホクホクに。

さくらんぼ:温性の果物で、脾の働きを良くするとされています。むくみが気になるときにも。

レタス:胃腸の調子を調えますが、体を冷やしすぎないようサラダではなく、炒めものやスープにするのがおすすめです。

 

※ 東洋医学(漢方)での脾胃は、消化吸収を通してエネルギーを補充する大切な役割を担っていると考えます。西洋医学でいう消化器官や膵臓と関係しています。

+++++

YOKUINING(ヨクイニング)ブランドの化粧品と健康食品には、漢方生薬ソムリエが選び抜いた石川県・能美産のハトムギを使用しています。

小太郎漢方製薬こだわりのハトムギのエキスをはじめとした成分が、ゆらぎがちな肌を外から内からしっかり保湿します。

YOKUINING(ヨクイニング)ブランドの化粧品と健康食品は、みなさまの「すこやかな毎日」を応援します。

+++++

YOKUININGコラム Vol.16【中庸(ちゅうよう)について】

YOKUININGコラム Vol.18【女性ホルモン】